ALC貝塚学院が計画倒産?代表者の鈴木美代子の画像や経歴は?

川崎市川崎区の認可外幼稚園「A.L.C.貝塚学院」が3月26日に突然倒産と閉園を保護者に通告していたことが発覚し、大きな話題となっています。

しかも、前日には卒園式が行われていたとのことで、突然の通告に保護者の方々は動揺しているとのこと。

そこで倒産の理由について調べていくと、計画倒産の可能性があることがわかってきました。

さらに「A.L.C.貝塚学院」代表者の鈴木美代子氏についてなどをまとめていきます。







「A.L.C.貝塚学院」が突然の倒産と閉園を発表

今回の騒動は以下のように報じられています。

川崎市や保護者によると、園から突然の通告があったのは3月26日夜。前日に卒園式を終えたばかりで、既に来年度の授業料も振り込まれた後だった。また、職員にも同日まで知らされていなかったという。

「A.L.C.貝塚学院」は、学校教育法に定められた「幼稚園」の定義に当てはまらないため、行政では「幼稚園類似施設」あるいは「幼児園」の名前で位置づけられている。

園から保護者に送られたメールでは「認可幼稚園無償化の影響を受けた」ことも、事業が継続できなくなった原因と記されている。

また、関係者に送られた別の通知によると、「少子高齢化による入園児数の減少で運営は厳しい状況になっていた」ところに、無償化が追い打ちをかけたと説明されている。また、今後倒産の手続きをするとしている。

運営しているのは有限会社アメリカン・ラングエイジ・センター。同園は1976年創業という老舗の施設だ。英語や幼児教育に力を入れている大規模な園で、この保護者によると、現在300人近くが通っている。

延長保育で子どもを午後6時まで預かっていることから、待機児童問題によって保育園に入れず、やむなく通わせている親も多いという。

突然の閉園について、同市こどもみらい局子育て推進部の担当者は「保護者の問い合わせで事実は把握しているが学校教育法上の『幼稚園』ではないため、園についての情報はまだ得られていない」という。

ハフポストの取材に応じた保護者は、現在4歳の娘を園に通わせており、突然の閉園通告を受けて戸惑っている。来年度の授業料も支払い済みで「このタイミングでの通知はおかしいのではないか」とも。

現在の仕事を続けるために、27日朝から近隣の幼稚園にも問い合わせをしているが、どこも空きがなく、現在まで行き場は見つかっていないという。

引用:ハフポスト日本版

ただ、近年は少子高齢化などの影響で売り上げが大きく落ち込んでいたため、事業継続を断念し、3月26日の通告へと至ったとのことです。

「A.L.C.貝塚学院」の場所はどこ?

「A.L.C.貝塚学院」の住所は

〒210-0853 神奈川県川崎市川崎区田島町15−19で、地図は以下の通りです。

現在300人近くが通っているとのことで、かなり立派な建物だなという印象を受けます。

「A.L.C.貝塚学院」は計画倒産だった?

今回の「A.L.C.貝塚学院」の倒産で問題なのは、来年度の授業料がすでに振り込まれており、

そのタイミングでの通告に「計画倒産なのではないか?」と指摘する声も出ています。

また、園から保護者に送られた以下の画像のメールでは「認可幼稚園無償化の影響を受けた」などと倒産の理由について述べられていますが、

認可幼稚園の無償化は今年の10月からなので、その後に経営状況が悪化したのであればわかりますが、

まだ無償化がスタートしていないのにも関わらずそれを理由に財務状況が悪くなった要因の一つとして説明している意味がよくわかりません。
「A.L.C.貝塚学院」は計画倒産だった?
そのため、このタイミングでの通告は授業料を集めた後に意図的に計画倒産した可能性が高いというわけです。

そして、運営会社の「アメリカンラングエイジセンター」は水泳、バレエ、体操、英会話などを教えるスクール「A.L.C.アルファウイング」も運営しており、

以下のホームページを見ると未だに募集中とあるので、被害者が今後も増えるかもしれません。

→ホームページを見る







代表者の鈴木美代子の画像や経歴は?

今回問題となっている「A.L.C.貝塚学院」の運営会社「アメリカンラングエイジセンター」の代表者の名前は鈴木美代子氏だと判明しています。

ですが、顔画像や経歴などの情報は現在判明しておらず調査中です。

300人もいる幼稚園が突然倒産というのはあまりにも無責任過ぎるので、しっかりと表に出て経緯や今後の対応などを説明して欲しいですね。

川崎市も対応は困難か

今回の事態を受けて川崎市に対応を求める声も挙がっていますが、

2018年10月現在、川崎市には252人の待機児童がおり、これは神奈川県内の市町村で3番目に多い数字なので、

「A.L.C.貝塚学院」の児童300人近くを対応するというのはかなり困難なことが予想されます。

そのため、一時的に資金援助するなどして倒産を回避することくらいしかできないものと思われるので、

市なども協力してこの問題を何とか解決してほしいなと思います。









8 件のコメント

  • 子会社の「株式会社ドゥ・シェイル」所有の「アルファウイング」内で実施していた習い事や英会話スクール、学童クラブも運営停止となっています。

  • 美代子先生は当て馬じゃないかな…
    あのおばあちゃん先生が計画倒産なんか
    できるはずないよ
    実質的経営者一族が裏で動いてたんじゃない?
    ついこの間までゴルフに興じていたとか…

  • 「認可幼稚園の無償化は今年の10月からなので、その後に経営状況が悪化したのであればわかりますが」??
    10月からそうなることを見越してALCが敬遠された結果、ってことですよね?
    バカなのか、意図的に煽っているのか、どっちです?

  • 卒園したものです。
    債権を継続していますがまだ、何も連絡が来ていません。きっと、私みたいな方は他にもいるはずです。

  • 鈴木美代子は昔、川崎のひかり幼稚園で先生をやってた。ひかり幼稚園でクーデター⁉️を起こし、在園中に他の先生を沢山引き抜いて同じ貝塚にある杉山ビルの中に貝塚学院を作ったのが鈴木美代子と弟。昔から金のら猛者だったらしい。欲の皮が厚かったんだろうな〜。ひかり幼稚園もALC貝塚学院が潰れて嬉しいだろうな。おめでとう、ひかり幼稚園‼️川崎では独り勝ちだ‼️

  • 貝塚学院の代表って坂本節子?鈴木美代子?代表が2人いるのかな?
    あと、学校法人若葉台学院が運営してる幼稚園の園長に鈴木美代子さんという方がいるのですが、
    そこの理事長の鈴江奈穂子さんは以前は坂本奈穂子というお名前で登録が。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。