嵐の記者会見で無責任と言った記者は誰?名前は鈴木孝ディレクターで特定か?

嵐の記者会見で無責任と言った記者

2019年1月28日の夕方に「嵐が活動休止」という衝撃的なニュースが飛び込んできました。

私も嵐が大好きなので、未だに信じられない気持ちでいっぱいですが、

夜に行われた会見の中で記者が「無責任」と言ったことが大きな話題となっています。

一体この記者はどこの記者で名前は誰なのか、特定が進んでおり、鈴木孝ディレクターなのではないかとされています。

発言の経緯などを含め、情報をまとめていきます。




嵐の記者会見で記者が「無責任」と発言

まず、実際に問題の記者が「無責任」と発言したシーンの動画が以下になります。

※▷ボタンをタップで再生できます!


確かにハッキリと

「無責任という声もあると思うんです」

と発言し、続けて活動休止を口にした大野智さんに対して

「この決断をした大野さんが矢面に立つというか、悪者にされてしまう可能性がある」

などと発言し、他のメンバーの表情が明らかに強ばったのが印象的でした。

この貴社の正体は鈴木孝ディレクター?

会見の模様が放送された「Mr.サンデー」では問題の記者の後ろ姿が以下のように映っていました。


この外見から現時点では「Mr.サンデー」のディレクターを務める鈴木孝ディレクターが発言したのではないかとされています。


画像を見ると、確かに似ている印象を受けますが、正直これだけでは判断材料に欠けるのかなという印象を受けますので、

こちらでは「クエスチョンマーク」という形で表現させていただきます。

【追記】

無責任発言について、別の人物が特定されました。

その内容については以下の記事にまとめてあります。

鈴木孝ディレクターは過去にもヤバい発言をしていた

そんな鈴木孝ディレクターについて調べてみると、過去に問題発言をしていたことがわかっています。

それは2018年6月に起きた東海道新幹線「のぞみ」殺傷事件で、鈴木孝ディレクターは

「警察は二つの見方をしています。梅田さんが立ち向かったお陰で多くの乗客の命が助かったという見方と、

梅田さんが容疑者を刺激して最悪の事態を招いたか」

などと、あたかも亡くなった方の行動がいけなかったかのような発言をしていたのです。

実は私も当時の事件のニュースを見ていて、変なニュアンスで報じているところもあるんだなという印象を持っていたのですが、

それが鈴木孝ディレクターの発言だとは知らなかったです。

今回の記者の正体が彼なのかはまだ確定ではありませんが、過去にこのような発言をしているのをみると、

信ぴょう性が高いのかなと感じてしまいますよね。

嵐の活動休止は本当に無責任なのか

嵐は2020年12月31日まで活動し、その後休止することを宣言しましたが、果たしてこれがあの記者の言うように無責任なのでしょうか?

おそらく、ほとんどのファンはそのようなことを思っておらず、寂しい気持ちを抱えながらも最後まで応援するという前向きな気持ちになっていると思います。

また、嵐は20年近くもファンを楽しませてきましたし、それに対して感謝している声も多く見られました。

あの記者は「無責任という声もあると思うんです」と、あたかもそういう声があるかのようなニュアンスで質問していましたが、

ツイッターでそのような感想を持ったファンの方を見つけることはできず、いたとしても本当にごく少数の声でしょう。

しかも、まだ2年近くはしっかりと活動するわけですし、突然活動休止するわけでもないので、無責任とは言えません。

あの会見の場で無責任というのは批判の声が挙がって当然だと思います。




ネットの声


嵐の活動休止の理由は大野智?復帰はいつ?このまま解散する可能性が高い理由

2019年1月27日






1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。