有安杏果の医師の名前は児島直樹で画像は?アプリコット代表にまでなった目的が…




昨年、ももクロを脱退した有安杏果さん(23歳)が自信のSNSで交際宣言したことが話題となっています。

しかも、交際相手は48歳の医師で、ネットでは児島直樹氏だと推測されており、

有安杏果さんの個人事務所「アプリコット」の代表になることや、交際の経緯などから荒れた意見も目立っています。

名前の挙がっている児島直樹氏とは一体どのような人物なのでしょうか?

児島直樹のプロフィール

顔画像

児島直樹の画像

プロフィール

名前:児島直樹
生年月日:1970年10月9日
年齢:48歳
出身:大阪府
居住地:東京
所属:あんずクリニック院長(2008年開業)
学歴:東京医科大学医学部卒業

有安杏果の彼氏が児島直樹の理由とは

有安杏果さんの彼氏の医者の情報として以下のものが挙がっていました。

  • 年齢は48歳
  • 都内でメンタルケアを専門とするクリニックを経営
  • 有名アーティストの相談も受けている
  • 開業は10年以上前
  • 「杏」を思わせる病院名

上記のプロフィールと照らし合わせてみると

  • 児島直樹氏の年齢は48歳
  • あんずクリニックは杉並区にあるメンタルクリニック
  • スキマスイッチやコブクロなども担当していた
  • 開業は2008年
  • あんず=杏

などと、全ての条件に当てはまっていることが確認できます。

また、児島直樹氏のインスタを見ると、
児島直樹のインスタの画像

仕事と写真と音楽。大切なモノ。昨日よりも、明日よりも、今日を大切に生きる。

などと、プロフィール欄にありますが、写真と音楽は有安杏果さんに共通する部分があるため、

このような点から見ても、彼が有安杏果さんの彼氏とみてほぼ間違いないでしょう。

有安杏果は2017年から脱退の動きを見せていた?

今回の交際宣言と同時に発表されたのが、個人事務所が「アプリコット」という会社だということですが、

アプリコットの会社の登記を見ると、有安杏果さんは2017年3月ごろからすでに脱退の動きを見せていたのではないかとされています。

登記には

  • 平成29年3月15日に芸能コンサルティングが追加
  • 平成30年6月8日に変更音楽著作権の管理が追加
  • 平成31年1月7日に写真家、歌手、作詞家、作曲家、演出家
  • その他のアーティスト等の育成、マネジメント及びプロモート業務の追加

などとなっており、それまでは医療系のコンサルだったにもかかわらず、2017年3月に芸能系の登記が追加されているのは、

有安杏果さんがアプリコットに入る動きがあったことを指しているものと思われます。

有安杏果の交際発表に冷ややかな声が目立つ

交際発表のニュースはおめでたいため、祝福の声が目立ちますが、

今回の発表では「有安杏果 嫌い」が予測変換されるなど冷ややかな声が目立っています。




精神科医が患者に手を出すのはアリなのか?

また、今回の交際発表は相手が48歳で精神科医だという点が衝撃的だったため、それが悪い印象を与えているようです。

年齢が大きく離れていることももちろんですが、有安杏果さんは精神科に通っていて、

その担当医である児島直樹氏が、言い方が悪いですが、患者に手を出した形になります。

さらに、アプリコットの代表も務めるとのことですが、そこまで仕事面で顔を挟むことになると、

仮に二人の関係が破綻した場合のデメリットが大きいのかなと感じます。

有安杏果さんはももクロを脱退しているため、恋愛は自由ですが、

今回の経緯を知ると、複雑な気持ちになったファンは多かったのではないでしょうか。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。