バス逆走動画のバス会社はどこ?場所は足立区竹ノ塚駅近くで撮影者も信号無視で炎上?

バス逆走動画のバス会社はどこ?場所は足立区竹ノ塚駅近くで撮影者も信号無視で炎上?

5日に東京・足立区の竹ノ塚駅近くの道路でバス2台が逆走している動画が話題となっています。

お客さんを乗せたバスが交通違反をするなど信じられませんが、そのような運転をしたバス会社はどこなのでしょうか?

また、撮影者も信号無視していると批判の声が挙がっていますが、炎上している今回の件についてまとめていきます。







バスが逆走する動画がこちら!

実際にバスが逆走している動画が以下になります。


確かに撮影者の車が左折した後に直線に進んでいると、目の前に逆走しているバスが現れ、右折しようとしている様子が映し出されています。

さらに、その後ろにももう一台同じバス会社のバスが逆走して右折しようとしているのも確認できます。

動画が撮影された場所はどこ?

実際に上記のバスの逆走動画が撮影された場所は以下になります。

東武伊勢崎線竹ノ塚駅から西に50メートルほどの地点と、駅からとても近く交通量が多い場所となっています。

非常に危険な行為ですが、今回逆走したバスの運転手のバス会社はどこなのでしょうか?

逆走したバス会社は東武バス!

動画に映っている逆走したバスのバス会社は東武バスと特定されており、

公式ホームページには以下のような謝罪文が掲載されています。

【お詫び】反対車線の走行(報道の件)について

2019年4月5日(金)に弊社路線バスにおいて、反対車線を走行し右折するという事案が発生いたしました。
この度の不適切な対応により、反対車線を走行されていた方に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。また、お客様をはじめご迷惑をおかけいたしました皆様に対しましても、重ねてお詫び申し上げます。

反対車線を走行し右折することは道路交通法違反であり、非常に危険な行為であります。
今後、ご指摘を受けないよう再発防止に向けて全社一丸となって、より一層の安全運行に取り組んでまいります。

引用:東武バス公式HP

運転手の処分などは発表されていませんが、動画にもある通り、バスの逆走は珍しくなかったという住民の発言もあり、

逆走を行なった運転手全員を処分するとなると、運転手が足りなくなり、バスが運行しなくなる可能性があることから厳重注意程度の対応に終わるかもしれませんね。

ただ、バスの逆走が当たり前に行われている習慣は絶対に変えることと、運転手に対する指導の徹底が求められるでしょう。

バスはなぜ逆走したの?

バスはお客さんを大勢乗せて走るため、仮に事故を起こしたら大惨事になるリスクを抱えながら、

今回なぜ逆走をしたのでしょうか?

実は今回動画が撮影された道路は開かずの踏切があり、そのせいでバスの時刻が大幅に遅れてしまうことが珍しくなかったため、

お客さんをスムーズに目的地に送り届けることを優先した結果、逆走に至ったとしています。

ちなみにこの開かずの踏切は1時間で3分しか通れない時間帯もあるのだとか。

しかも、この開かずの踏切は2005年に4名の死傷者を出す事故が起きているなどしているのですが、

線路が高架化する工事が2021年3月に完成予定のため、それ以降になればこうした問題が起きることは無くなります。

ただ、それでもまだ2年ほど先の話なので、この道路を使用されている方は不便でしょうが、

今回の報道をきっかけに逆走する車の抑止力になるでしょう。







撮影者も信号無視をしている?

今回のバスの逆走動画では、逆走するバスももちろんですが、撮影者にも批判が出ているようです。

というのも、2台目のバスが右折しようとした時に撮影者の車が進路を塞いでいるだけでなく、

信号が黄色から赤に変わっていても直進しようとしていたため、そのような行動も問題なのではないかという意見です。

撮影者も急にバスが逆走してきて、しかもそれが2台続けてだったので、苛立ちからそのような行動をとっさにとってしまったのかもしれませんが、

こういう意見が出てくるのは仕方がないのかなという気がします。

ただ、今回報じられなければバスが逆走を繰り返し、いつか大惨事の事故が起きていた可能性もゼロではないため、

そのような事故が起きる前にこうして問題が取り上げられたのはよかったのかなと感じました。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。