長谷工のフライデーの所長の名前は瀬戸伸一?盗撮したアクアブリーズ川崎の場所などのまとめ

長谷工のフライデーの所長の名前は瀬戸伸一?盗撮したアクアブリーズ川崎の場所などのまとめ

大手ゼネコンの長谷工コーポレーションの所長が

建設途中のマンションのトイレにカメラを仕込んで盗撮していたフライデーが報じ、話題となっています。

しかも、盗撮したカメラには女性作業員の姿が映っており、もし、誰も気づかなければマンションのトイレにカメラが設置されたままだったので、

入居者が被害に遭っていた可能性もあるのです。

そしてこのカメラを仕込んだ所長の名前は瀬戸伸一氏ではないかとされているのですが、その理由や

現場となったアクアブリーズ川崎の場所などについてまとめていきます。







フライデーが長谷工所長の盗撮を報じる

フライデーは長谷工の所長の盗撮について以下のように報じています。

「長谷工関連会社の30代女性作業員が、共用トイレを使った時のことです。建築中の建物は、汚さないためトイレの壁にプラスチックのベニヤ板がテープで張ってある。そのテープに、ドリルで開けたような穴が等間隔に並んでいたことに目がとまったそうです。おかしいと思ってテープを剥がすと、縦横2cmほどの小型隠しカメラが出てきたんです」

こう話すのは、神奈川県川崎市内に建設されたマンション『アクアブリーズ川崎』の現場作業員・A氏だ。

『アクアブリーズ川崎』(神奈川県川崎市)は、279戸を擁する新築マンションである。昨年12月24日に、建設途中だったこのマンションの共用トイレから盗撮カメラが発見された。仕込んでいたのは、分譲マンション建設最大手・長谷工コーポレーションの所長だったのだ。

「盗撮カメラにはスイッチが入っており、撮影中だった。女性作業員は所長に『隠しカメラがあるから見てほしい』と訴えたそうです。所長はトイレに来ると、カメラを引っ張り出して『これはオレが処分する』と持って行った。女性作業員はSDカードだけ預かり、パソコンで見ると、自分の用を足している姿が盗撮されていたそうです。さらに他にも、長谷工の女性社員が3人隠し撮りされていた」(前出・A氏)

翌日、女性作業員は盗撮カメラに映っていた女性社員とともに、所長の事務所に向かった。A氏は続ける。

「所長に保管していた盗撮カメラを返してほしいと要求すると、『捨てた』と言い張ったそうです。どこに捨てたのか問い詰めて、放棄したという場所を作業員総出で探したけど見つからない。彼の事務所のデスク周りを探したら、鞄の中からカメラが出てきた。所長は『誰かがオレをダマしたんだ』と言い訳していましたが、緊張していたのかすごい汗でした」

作業員たちが警察を呼ぶように促すと、所長は何も言わずに従ったという。

「警察官に来てもらったんですが、所長は自分のパソコンの前から動かない。怪しいので、席から離れた隙にパソコンを開けてみると、『お気に入りフォルダ』に長谷工の女性社員の一人が用を足す映像が保存されていた。しかも、データを『ごみ箱』に捨てている途中だった。当初『自分はやっていない』と否定していた所長でしたが、事件発覚から3日後、警察に自首。会社を諭旨解雇になったそうです。でも、被害者の女性社員は誰も被害届を出さなかった。女性作業員も、長谷工側から『動画は全部削除した。(事件があったことを)世の中に言わないでください』と言われたそうです」(前出・A氏)

この事実は、現場の他の作業員にも一切知らされなかった。長谷工は“事件“を公表せず、隠蔽(いんぺい)したのだ。

本誌が問題の元所長の名前を挙げて長谷工に質問状を送ると、広報部統括部長の丸山浩司氏から次のような回答がきた。

「工事現場の社員専用仮設トイレで、盗撮カメラが発見されたことは事実です。退職した社員がいることも間違いありません。詳細については個人のプライバシーに関することであり、回答は控えさせていただきます」

長谷工の広報は「仮設トイレ」と言うが、このトイレは完成後マンションの入居者も使うものだ。もしカメラが発見されなければ、住民が盗撮被害にあう可能性もあった。

弁護士の若狭勝氏は話す。

「現場の所長という管理能力のある人が盗撮行為を行っていた。これは立場を利用して盗撮をしていたとも言え、懲戒解雇に相当します。会社組織としての責任も大きい。盗撮の被害者が被害届を出すかどうかではなく、企業がしっかりと法的責任を明確化するために、彼の盗撮行為は司直の手に委ねられるべきです。それが出来ていない長谷工の危機管理能力は、相当低いと言えるでしょう」

被害女性は精神的ショックで体調を崩しているという。長谷工と加害者である所長の罪は、極めて重い。

引用:フライデー

トイレで不審な箇所を見つけた女性作業員が調べたところ、小型隠しカメラが出てきて盗撮が発覚し、

所長の対応が不自然だったことや、パソコンの中から盗撮動画が見つかったことで所長がカメラを仕込んでいたことが明らかになり、

所長は会社を解雇されたものの、長谷工はこのことを公に公表していなかったことで、フライデーに情報を売られたのが経緯となっています。

そして気になるのはこの所長が誰なのかについてですが、調べてみるとある記事の情報から瀬戸伸一氏という名前がヒットし、

この人物なのではないかと推測されています。

盗撮した長谷工の所長の名前は瀬戸伸一?

2018年8月15日のある記事に瀬戸伸一氏の名前が掲載されていたのですが、

それが以下の記事になります。

長谷工コーポレーションは7月31日、経団連と内閣府、文部科学省が連携して進める理工チャレンジ(リコチャレ)の一環として、川崎市の「(仮称)戸手余剰地計画新築工事」現場で女子児童・生徒とその保護者を対象とした現場見学会を開いた。小学5年生から高校1年生の児童・生徒10人と保護者6人が参加した。

はじめに現場事務所で長谷工コーポレーションの会社概要や工事概要について説明があり、瀬戸伸一所長ら現場所員の案内で工事現場を見学した。参加した子どもたちからは「この工事では何本くらいの鉄筋が使用されているのか」などの質問が寄せられた。続いて女性所員との懇談会の後、モデルルームを見学した。

「(仮称)戸手余剰地計画新築工事」は、1951年竣工の戸手団地建て替えプロジェクトの一環で、規模はRC造7階建て延べ2万2230㎡、戸数は279戸。事業主は新日鉄興和不動産、大成有楽不動産、設計施工は長谷工コーポレーションが担当している。

2019年2月下旬の完成を予定している。建設地は川崎市幸区戸手4-53-2ほか。
同社がリコチャレに協力するのはことしで2回目。工事現場を見学する施工コースとBIMによる設計やVR(仮想現実)を体験する設計コースを東京と大阪で開催している。

引用:建設通信新聞

確かに瀬戸伸一所長という名前があるのが確認できます。

また、この現場見学会が行われた現場は

  • 2019年2月下旬完成予定
  • 建設地は川崎市幸区戸手4-53-2

とありますが、今回盗撮カメラが設置されたアクアブリーズ川崎は

  • 建設完成日:2019年2月
  • 所在地:川崎市幸区戸手4-53-2

となっているため、アクアブリーズ川崎で現場見学会が行われていたことがわかります。

つまり、ここに掲載されている瀬戸伸一所長が盗撮カメラを仕込んだ所長の可能性が高いということになります。







アクアブリーズ川崎の場所は?

アクアブリーズ川崎の場所は以下になります。

グーグルマップの住所が異なりますが、地番は最初にご紹介した「川崎市幸区戸手4-53-2」となります。

すでに入居者を募集しており、4月下旬から5月上旬にも入居者が入るようですが、

住民の方が入る前に盗撮カメラが見つかって良かったと同時に、長谷工はしっかりとこの事実を公表すべきだったと思います。

結局被害届は出されていませんが、建設会社の関係者がこのような行為をしていたのを考えると、

共用トイレを利用するのも怖いなと感じますし、業界全体の信用にも影響してくるため、この所長がやった行為はとても重いでしょう。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。