堀尾謙介の進路やメガネの理由は?東京マラソン2019でMGCを獲得した男の正体!

堀尾謙介の進路やメガネの理由は?東京マラソン2019でMGCを獲得した男の正体!

3月3日に行われた東京マラソン2019で中央大学の堀尾謙介選手が

2時間10分20秒の5位で日本人トップとなり、学生初のMGCを獲得し、大きな話題となっています。

そんな彼は現在4年生とのことで、卒業後の進路はどこに行くのでしょうか?

また、彼がメガネをしている理由は何なのでしょうか?




堀尾謙介の卒業後の進路先はトヨタ!

堀尾謙介選手の進路先は実業団のトヨタ自動車に内定しているようです。

ツイッターでも以下のように進路先に関する情報が流れていました。


また、堀尾謙介選手のツイッターのプロフィールには

兵庫→東京→愛知とあるので、愛知にあるトヨタが進路先で間違いないようです。

メガネをしている理由って何なの?

堀尾謙介選手のトレードマークといえば黒縁のメガネが印象的ですが、

マラソンでメガネをしている選手ってあまり見かけませんよね?

彼はなぜコンタクトレンズではなく、メガネをかけて走っているのでしょうか?

色々と調べましたが、明確な理由についてはわかりませんでした。

ただ、重度のドライアイであったり、アレルギー性結膜炎などの症状を持つ方はコンタクトレンズを使用できないので、

もしかすると、堀尾謙介選手もそのような症状を抱えているため、メガネをしているかもしれません。

ちなみに東京マラソン2019の時にかけていたメガネは新しいメガネだったようです。

箱根駅伝の結果は?

堀尾謙介選手は中央大学に所属しており、中央大学といえば箱根駅伝の常連校で有名ですが、

もちろん堀尾謙介選手も中央大学の一員として箱根駅伝を走っており、

  • 2019年箱根駅伝2区 1時間07分44秒(区間5位)
  • 2018年箱根駅伝2区 1時間09分04秒(区間8位)

という記録を残しています。

MGCって何?

今回、堀尾謙介選手は2時間10分20秒という記録で学生初のMGCを獲得したと報じられましたが、

そもそもMGCって何なのでしょうか?

MGCはマラソン・グランド・チャンピオンシップの略で、東京オリンピックのマラソンの日本代表を決める大会名のことです。

  • 国内の男子5大会(北海道マラソン、福岡国際マラソン、別府大分毎日マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン)
  • 女子4大会(北海道マラソン、さいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン)

の大会に出場し、一定の記録を突破した選手が2019年9月以降に開催されるMGCに出場できるという仕組みとなっています。




堀尾謙介のプロフィール


名前:堀尾謙介(ほりおけんすけ)
生年月日:1996年8月12日
年齢:22歳(2019年3月3日現在)
身長:183cm
体重:61kg
出身大学:中央大学経済学部経済学科4年
出身高校:須磨学園高校(兵庫県)

プロフィールを見ると、身長が183cmとマラソン選手の中ではかなり高身長な選手なので、

メガネだけでなく、高身長もトレードマークとなっています。

また、箱根駅伝の際には、他大学のニャイロ選手にスポンジを手渡したことが話題となり、人柄の良さが伝わってきます。


ちなみに東京マラソン2019でも大迫傑選手が佐藤悠基選手に給水を渡すシーンが話題となっており、

一流のマラソン選手はこのような気遣いができる選手が多いのだと思いました。

進路先に決定しているトヨタは強豪なので、MGCに向けて効率的なトレーニングを続けて活躍をしていってほしいと思います。

東京マラソン2019に参加する芸能人やタイムの結果などのまとめ

東京マラソン2019に参加する芸能人は誰?タイムなどの結果まとめ

2019年2月21日





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。