池袋のゴミ収集車事故の場所はどこ?犯人は80代男性のプリウスで「またか」の声

19日午後、東京・豊島区の池袋の交差点で乗用車とゴミ収集車が絡む事故が発生したニュースが話題となっています。

乗用車は計10人もはねたといい、そのうち2人は心肺停止状態という大事故になってしまいましたが、

事故現場の場所はどこなのでしょうか?

また、計10人をはねたのは80代の男性が運転するプリウスなどと報じられていますが、

事故原因は一体何なのでしょうか?







池袋でプリウスが人を10人もはねる…

今回のニュースは以下のように報じられています。

東京・池袋で19日午後に発生した交通事故は、80代の男性が運転する乗用車が2カ所の横断歩道で計10人をはねたとみられる。事故直後に現場を目撃した、現場近くに住む男性会社員(43)は「付近には靴や買い物袋が散乱していた」と振り返った。

男性は、けたたましいサイレンの音を聞いて大通りの交差点に向かったという。横たわっている負傷者らに消防隊員が駆け寄って助けており、横断歩道から離れた所には、原形をとどめない自転車が倒れていた。

付近には通行人ら30~40人の人だかりができていたが、「あまりに凄惨(せいさん)な現場」(男性会社員)で、周囲は沈黙に包まれていたという。<

引用:産経新聞

そしてこのはねられた10人のうち、30代の女性と2歳の女の子が心肺停止状態だといい、

この二人は親子だということです。

とても悲しいニュースですが、事故現場は一体どこなのでしょうか?

池袋の事故現場はどこ?

今回の事故現場は

東京都豊島区東池袋4丁目4「日出第二公園」近くの交差点となります。

80代の男性が運転するプリウスは信号無視をして交差点に進入し、以下の画像のような形でゴミ収集車に衝突する形で停止したとのことです。

運転手の80代男性の顔画像や名前などの情報は?

事故を起こしたプリウスを運転していた80代男性の情報についてですが、

現時点で顔画像や名前などの情報は流れていません。

現在は病院で治療を受けているとのことですが、信号無視をしていたという目撃証言があるため、

事件の犯人として逮捕される可能性が高いので、情報が入り次第追記していきます。

ネットでは「また高齢者でしかもプリウス…」の声

今回の事件のネットの反応を見ると、事故を起こしたのが80代の高齢者であるため、

「また高齢者の事故か…」という意見や、「またプリウスか…」などという声も見られます。

実はプリウスについてですが、プリウスのシフトレバーは以下の左側の画像のようになっており、

右下にギアを入れるとドライブになるのですが、マニュアル車の場合はバックになるのが一般的です。
運転手の80代男性の顔画像や名前などの情報は?
高齢者は過去にマニュアル車を運転していた人が多く、とっさの判断の時に操作を誤ってしまうみたいです。

ただ、上記に当てはまるのは停車時の場合なので、今回は走行中の信号無視が原因になっていることから

おそらくアクセルとブレーキの踏み間違いが原因だと思われます。







高齢者は免許証の返納を…

高齢者がこういう事故を起こすたびに毎回思いますが、80代の人が車を運転しているというのは正直言って怖いです。

体や脳の衰えが完全にきている年齢ですし、それで今回のような事故を起こされて若い人などが被害に遭うのは悲しすぎます。

免許証の返納も、例えば田舎に住んでいて車が必要な距離にしかモノを買う場所がないなどの環境の方は仕方がないと思いますが、

今回事故を起こした80代の男性はおそらく都内在住だと思われますし、交通の便も良いはずなので、

そういう人たちからは免許証を返納してもらうようにしっかりと働きかけてほしいと思いました。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。