石原信明の不動産会社はどこ?社名は総合都市開発株式会社で特定か

石原信明の不動産会社はどこ?社名は総合都市開発株式会社で特定か

五十嵐友理さんが大量の覚醒剤を投与され、死亡した事件で石原信明容疑者(69歳)が逮捕されました。

彼は不動産会社の役員を務め、税理士もしているなどと報じられていますが、一体どこの会社で役員を務めているのかを調べると、

総合都市開発株式会社の可能性が高いことが判明しました。

これらについてまとめていきます。




石原信明が総合都市開発株式会社の役員の可能性が高い理由

なぜ、石原信明容疑者が総合都市開発株式会社の役員の可能性が高いのでしょうか?

きっかけは以下のツイートからでした。


そして、実際のブログ記事がこちら。

→ブログ記事を見る

その内容を見ると、確かに石原信明容疑者が写っており、総合都市開発株式会社会長の文字があります。

テレビ局や週刊誌が彼女に問い合わせをしているということは、この人物が今回逮捕された石原信明容疑者で間違いないでしょう。

ちなみに記事を見ると、石原容疑者は58歳で大学院に入学し、61歳で税理士になったとあり。

税理士をしている点も合致していることがわかります。

事件現場の税理士事務所はどこ?

ちなみに石原信明容疑者の税理士事務所の場所についてですが、

税理士法人新日本東京事務所に同姓同名の税理士が確認できました。

住所は〒107-0062 東京都港区南青山2丁目22番2号

です。

ちなみにこの場所は上記でご紹介した総合都市開発株式会社の所在地と同じとなっています。

石原容疑者の自宅の場所

事件現場となった石原容疑者の自宅の住所は

東京都渋谷区神泉町13番16号

と特定されています。

さすが会社役員と税理士をしているだけあってかなり良い家に住んでいたんだなという印象を受けます。

石原信明は容疑を否認も…

現在、石原容疑者は容疑を否認しているとのことですが、五十嵐友理さんが亡くなる前、

友人に「薬物を混ぜた酒を飲まされた」というLINEをしていることが判明しているため、言い逃れできない状況となっています。

ただ、一つ疑問点としては石原容疑者自らが通報して事件が発覚しているため、

仮に罪を逃れようとするのであれば別の行動をとるのが一般的なのではないかと思います。

にも関わらず、なぜ自ら通報したのかはまだわかっていません。




石原信明と五十嵐友理の関係性について

石原容疑者と五十嵐友理さんは年齢が40近くも離れていますが、3年ほど前に会員制クラブで知り合ったと報じられています。

しかし、五十嵐友理さんは既婚者であるため、夫がいながらも遊んでいたのでしょうか?

実は彼女は過去にホステスをしていたことが明らかとなっており、石原容疑者がそのお客という関係だった可能性が浮上しています。

また、彼女は20歳前で両親を亡くしていて、病院に入院するほど精神的なダメージを受けており、

過去にはテレビ東京の「家、ついて行ってもイイですか?」に出演歴もあり、その中で紹介されていました。

現在容疑を否認しているとのことですが、この事件は昨年7月に起きており、逮捕までに半年以上かかっていることを考えると、

まだまだ今後の展開が見えません。

そして、昨年5月に発生した紀州のドンファンの事件も今回と同じで覚醒剤を大量に飲まされたことが原因で亡くなっていますが、

現在まだ犯人が捕まっていません。

この事件はしっかりと解決することを願っています。

五十嵐友理のインスタ画像!夫と「家、ついて行ってイイですか?」に出演していた

五十嵐友理のインスタ画像!夫とテレビ東京の「家、ついて行ってイイですか?」に出演していた

2019年3月7日





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。