栗原なぎさの顔画像!DVされた栗原勇一郎の嫁が逮捕の理由とは?【千葉小4女児死亡事件】

千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が逮捕された事件で、

母親の栗原なぎさ容疑者(31)も逮捕されました。

栗原なぎさ容疑者も栗原勇一郎容疑者からDVを受けていたことが判明していますが、なぜ逮捕されたのでしょうか?

顔画像などの情報とともにご紹介していきます。




栗原なぎさのプロフィール

顔画像

栗原なぎさの顔画像

プロフィール

名前:栗原なぎさ
年齢:31歳
夫:栗原勇一郎
子供:長女・心愛ちゃん、次女の二人

栗原なぎさが逮捕される

千葉県野田市で小学4年生の女の子が自宅で死亡し、父親が傷害の疑いで逮捕された事件で、警察は当時、自宅にいた母親も暴行に関与したとして傷害の疑いで逮捕しました。警察は、両親への取り調べを進め、暴行の状況や女の子の死因などをさらに詳しく調べる方針です。

先月24日、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が暴行を加えたとして傷害の疑いで逮捕されました。

これまでの調べで、心愛さんは事件当日の午前10時ごろから夜にかけて、冷水のシャワーをかけられたり首付近をわしづかみにされたりする暴行を受けたとみられています。

当時、自宅には母親のなぎさ容疑者(31)と1歳の妹も一緒にいたということで、その後の捜査の結果、警察は、なぎさ容疑者も暴行に関与した疑いがあるとして、4日午前、傷害の疑いで逮捕しました。

警察は、両親への取り調べを進め、暴行の状況や心愛さんの死因などをさらに詳しく調べることにしています。

引用:NHK NEWS WEB

逮捕の理由の暴行に関与したとは?

栗原勇一郎容疑者は日常的に心愛ちゃんに暴行を繰り返していましたが、栗原なぎさ容疑者も同じように暴行をしていたのでしょうか?

実はそうではなく、捜査関係者によると、栗原勇一郎容疑者による暴行を長時間、黙認したことを重くみたため今回の逮捕に至ったといいます。

つまり、イジメの傍観者も同罪とされているように、今回栗原なぎさ容疑者が何も手助けをしなかったことも同罪だとされたのです。

DVが原因で何もできなかった?

ただ、栗原なぎさ容疑者は栗原勇一郎容疑者からDVを受けていたことも判明しています。

DVはひどい場合だと、洗脳状態に陥ってしまい、正常な思考なら娘に暴行を加える父親を止めるか、

警察に通報したり、家を出て行くなどの行動がとれますが、DVによって娘を守る行動をとれなかったのではないかという見方もできます。

ネットではそのような声が多く見られました。




母親が逮捕なら学校や教育委員会も同罪?

今回の事件でもう一つ問題となったのは、心愛ちゃんが虐待を受けていることをアンケートに記載したのですが、

そのアンケートを学校や教育委員会が栗原勇一郎容疑者に渡してしまったことです。

【アンケート内容】

お父さんにぼう力を受けています。

夜中に起こされたり起きているときにけられたり

たたかれたりされています。

先生、どうにかできませんか。

栗原勇一郎容疑者は何かのタイミングでこのアンケートの存在を知り、学校側と教育委員会側に大声で「訴えるぞ!」などと恫喝し、

そのアンケートを入手していたのです。

結果的に心愛ちゃんは周りの大人に誰にも助けられることなくこの世を去りました。

今回の件で母親が逮捕されるのであれば、このアンケートを渡した学校側や教育委員会も何かしらの処罰が必要なのではないかと思いました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。