仲村伊織さんの高校不合格は差別?両親の主張に批判の声が殺到する事態に

仲村伊織さんの不合格は差別?両親の主張に批判の声が殺到する事態に

重度の知的障害を持つ仲村伊織さん(16歳)が今年3月に沖縄県の公立高校の受験に挑んだものの不合格となり、

定員割れにも関わらず、不合格にされたことから差別なのではないかと両親が批判しているニュースが話題となっています。

ただ、両親のこのような主張にネットでは批判の声が多く目立っています。

なぜこのような事態になっているのでしょうか?

経緯などをまとめていきます。







知的障害を持つ仲村伊織さんが不合格になる

今回のニュースは以下のように報じられています。

重度の知的障がいがある仲村伊織さん(16)=北中城中卒=が今年3月、2度目の沖縄県立高校受験に挑んだが、不合格となった。受験した1次募集の全日制、2次募集の定時制の2校はいずれも定員割れだったが、県教育委員会は「一定の点数が足りず、入学しても高校の教育課程をこなすことは難しい」としている。

仲村さんの家族は3月28日に県教育庁を訪れ「テストで点数が取れないことが知的障がいの特性であり、今の選抜制度では本人の努力が反映されない。2次募集でも学力選抜で定員内不合格とされることは差別だ」と批判した。

仲村さんは北中城村の普通小中学校で学んだ。2018年度に重度知的障がい者として県内で初めて公立高校を受験したが不合格となった。

仲村さんの両親は受験を成立させるために必要な「合理的配慮」が十分でなかったとして、「県障害のある人もない人も共に暮らしやすい社会づくり条例(共生社会条例)」に基づき、県に助言(あっせん)を求める申請をした。

申請を受け、調整委員会は県教委の配慮が不十分だったと指摘した。今春の入試では調整委員会の提言を受けて、支援員の増員や代読・代筆が認められた。

今回の不合格について仲村さんの両親は「合理的配慮に改善は見られたが、テストで得点すること自体が難しい息子の障がい特性が考慮されていないことは変わらず、努力を評価してもらえない」と話している。

引用:琉球新報

仲村伊織さんの両親は「なぜ定員割れをしているのに自分の息子が不合格にされるのか」などと訴えていますが、

沖縄県の教育委員会は

  • 学力テストの点数が足りていない
  • 入学後も高校の勉強についていくことは難しい

などと主張しており、そもそも学力テストの点数が足りていないため、彼が障害者だからといって差別したとは考えづらいことがわかります。

ネットでは仲村伊織さんの両親に批判の声が多く挙がる

上記のニュースを見たネットユーザーからは以下のような声が挙がっています。

障がいの有無に関係なく、努力だけでは評価されないのは健常な社会では当然のことだと思う。
むしろ努力だけで評価されたら衰退する。

学力選抜なのに学力が足りないのが障害者って…
ただのモンスタークレイマーにしか見えない

差別ではない。
あくまでも試験は平等であり、ハンデを持っていながらそこを目指すのであれば、それは努力しかないのでは?

今、小・中学校でADHDなどで普通学校ではなく、特別教室や養護学校を勧められる事があるようですが。

認めたくない親心もわかりますが、嫌でも受け止めた上で、それならどうしようか?と考える事が子のためなのでは?
そのまま普通学校に通学してても、職に就けるような知識、世の中を渡り歩く術をを得ることは難しいでしょう?

テストで得点すること自体が難しいって、じゃあ何で合否を決めればいいんだろう。
みんなと同じように学力で選抜しないと、それはそれで差別なんじゃないの?

このように批判の声が多く挙がっています。

私個人的にも上記の意見と同じ考えで、仮に定員割れをしているからといって、全員受かるシステムではないですし、

高校は義務教育ではないので、公立高校に受験となれば障害者とはいえ周りと同じ条件で判断されるのは仕方がないことだと思います。

上記の意見にもある通り、公立高校の受験で障害者を優遇するようなことがあれば、それこそ差別のような気がしてしまいますよね。

仲村伊織さんの両親はなぜ公立高校に通わせたいのか?

両親が仲村伊織さんを公立高校に通わせたい理由は以下の記事から読み取ることができます。

伊織さんは就学前に特別支援学校を勧められたものの、地元の島袋小の普通学級に入り、北中城中の特別支援学級に進んだ。伊織さんがふいに寝転んでも、同級生たちは「伊織らしいなー」「いるのが当たり前。かえってクラスがまとまる」と意に介さない。

昨年の校内陸上のリレー。アンカーの伊織さんが暑さでへたり込みそうになると、同級生たちが励ましながら伴走した。追い抜いた別のクラスの子も途中で引き返し、一緒に抱きかかえてゴールした。

「同世代の仲間たちと関わり合いながら過ごすことが、この子の自立や幸せにつながる」。父晃さん(52)、母美和さん(49)は確信した。

「特別支援学校ではきめ細かい教育が受けられるかもしれないが、障がいのない人たちや地域とのつながりは限られる。親がいなくなった後も、社会の一員としてできるだけ自立して生きていくために、普通高校という選択肢があっていいはずだ」。両親はそう考えている。

引用:沖縄タイムス

北中城中学校時代に同世代の仲間たちと関わった経験が彼のためになると確信し、

障害のない人とあまり交流ができない特別支援学校よりも、普通学校に通わせて自立できるだけの力をつけさせたいという想いから

公立高校への進学を希望しているようです。

ちなみに重度知的障がいがある中学生が特別支援学校以外の県立高校を受験するのは沖縄県では初めてとのことで、

今回大きな注目を浴びている要因となっています。







インクルーシブ教育が世界で広がっている

今回のように知的障害の子供を普通の学校に通わせるのはインクルーシブ教育と呼ばれており、

国際的に推し進められている教育のようです。

ただ、この考え方はあくまでも小・中学校についてなので、今回のように高校でというのはあまり例が無いのが現状です。

まとめ

重度の知的障害を持つ仲村伊織さんが公立高校を不合格になったニュースでしたが、

高校側が学力テストの点数を満たしているにも関わらず不合格にしたのであれば、差別だと主張するのはわかりますが、

学力テストの点数が足りておらず、定員割れだったからという理由で差別だというのはどうなのかなと感じます。

もちろん、中学時代まで普通の学校で教育を受けて、それが自分の息子のためになったから公立高校を受けさせたいというのはわかるのですが、

学校側が学力テストで判断すると決めている以上はそれに従うしかないのかなと感じました。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。