中村佳弘のFacebookや顔画像!スタントマンの動画や勧修中学校で起きた事故がヤバい

中村佳弘の顔画像やFacebookは?スタントマンの動画や勧修中学校で起きた事故がヤバい

12日、京都市立勧修中学校のグラウンドで交通安全教室の最中にスタントマンの中村佳弘さんが死亡する事故が起きました。

トラックに轢かれるスタントの最中に今回の事故に繋がったと報じられていますが、実際にどのようなスタントを行なっていたのでしょうか?

実際の動画や中村佳弘さんのFacebookや顔画像などとともにご紹介していきます。







中村佳弘がスタントの事故で亡くなる

今回の事故は以下のように報じられています。

12日午後2時20分頃、京都市山科区の市立勧修中のグラウンドで、交通安全教室に出演中のスタントマンのアルバイト中村佳弘さん(34)(福岡県春日市)が、事故の再現中にトラックにひかれた。中村さんは胸などを強く打ち病院に運ばれたが、約7時間後に死亡した。

京都府警山科署によると、中村さんは停車中のトラックの前を横切ってはねられる事故を再現。本来は、トラックの発進と同時にバンパーをつかんで車体の下に入り、30メートル引きずられるスタントを披露する予定だったが、誤ってバンパーから手を離し、車体で胸を打つなどしたとみられる。

安全教室は京都市が主催し、委託を受けた東京の人材派遣会社が中村さんやトラックを運転していた男性(38)を派遣していた。安全教室には全校生徒や教職員ら約570人が参加していたが、事故後に中止された。

引用:読売新聞

事故が起きた勧修中学校のグラウンドには全校生徒など約570人が見ていたとのことで、

生徒たちの精神状態なども心配ですが、実際にどのようなスタントが行われていたのでしょうか?

スタント動画がこちら!

今回亡くなった中村佳弘さんは株式会社ワーサルという人材派遣会社に所属しており、

交通安全教室では以下の動画のようなスタントを行なっていました。

※▷ボタンをタップで再生できます!


大人が見ても悲鳴を上げてしまうようなスタントを行なっているんだなという印象を受けますが、

今回、中村佳弘さんの事故の原因となったスタントは以下の動画のものとされています。


通常は上記の動画の通り、トラックに轢きずられる予定でしたが、

事故の際は中村佳弘さんがトラックから手を離してしまったことでトラックの車体に巻き込まれてしまい、

今回の事故に至ったとのことです。

ただ、多くの学生が見守る中でのスタントの死亡事故ということで世間に衝撃を与えています。

中村佳弘の顔画像やFacebookは?

顔画像

顔画像は現在判明していません。

Facebookアカウント

Facebookアカウントは以下のものと特定されています。

→中村佳弘さんのFacebookを見る

Facebookのトップページにはトランポリンでの器械体操の動画が載っており、運動神経が良かったことが伺え、

年齢も34歳なので、スタント歴も長そうですし、なぜ今回の事故が起きてしまったのかが謎ですね。







事故現場の勧修中学校の場所は?

今回事故が起きた京都市立勧修中学校の場所は以下になります。

私も学生時代は学校で交通安全教室の指導をグラウンドで受けた経験がありますが、

最初にご紹介したスタントのようなものは無かったと思います。

ただ、誰にでも事故に遭う危険性があるということを学生たちに伝えるためにもこうしたスタントは必要だと思いますし、

しっかりと原因を解明して、再発防止に努めてもらいたいなと感じます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。