西田哲也(経産省)の顔画像や経歴!学歴は東京大学工学部出身だった?

西田哲也(経産省)の顔画像や経歴!学歴は東京大学工学部出身だった?

経済産業省のキャリア職員の西田哲也容疑者(28歳)が麻薬特例法違反で逮捕されたニュースが話題となっています。

国の重要機関に務める人物の逮捕ということで驚きの声が上がっていますが、

そんな西田哲也の顔画像や経歴はどのようになっているのでしょうか?

学歴などとともにご紹介していきます。







経産省の西田哲也が逮捕される

今回の事件は以下のように報じられています。

覚醒剤入りの荷物を受け取ったとして、警視庁は経済産業省のキャリア職員で製造産業局自動車課の課長補佐、西田哲也容疑者(28)=東京都足立区綾瀬3丁目=を麻薬特例法違反(規制薬物としての所持)容疑で現行犯逮捕し、29日発表した。「受け取ったが、覚醒剤が入っているとは知らなかった」と容疑を否認しているという。

組織犯罪対策5課によると、逮捕容疑は自宅マンションで27日、覚醒剤が入っていると知りながら国際スピード郵便物を受け取り、所持したというもの。荷物は米・ロサンゼルスから送られたファッション雑誌1冊で、一部が袋とじ状にされ、中に袋入りの覚醒剤約20グラム(末端価格約120万円)が入っていた。

荷物は15日に日本に届き、東京税関が検査で覚醒剤を発見。17日に警視庁に通報し、合同で調べていた。荷物の宛先は西田容疑者宅ではなかったが、西田容疑者が自宅に届けるよう郵便局に連絡。受け取ったところを逮捕したという。

経産省は29日、「職員が逮捕され、誠に遺憾です。捜査に最大限協力し、全容の解明を踏まえて、厳正に対処します」とコメントを出した。

引用:朝日新聞デジタル

本人は容疑を否認しているとのことですが、相当マークをされた上での逮捕だと思いますし、

荷物の宛先は西田容疑者宅ではなかったが、西田容疑者が自宅に届けるよう郵便局に連絡とあるので、容疑を免れることは困難でしょう。

そんな西田哲也容疑者ですが、一体どのような人物なのでしょうか?

顔画像や学歴、経歴などをご紹介していきます。







西田哲也の顔画像

西田哲也の顔画像

西田哲也の学歴は東京大学工学部!

西田哲也容疑者の学歴は東京大学工学部システム創成学科を卒業しており、2013年3月卒業となっているため、

年齢も一致していることが確認できます。

また、東京大学工学部のホームページには卒業生の声として以下のように西田哲也容疑者のインタビューが掲載されていました。

西田 哲也平成25年3月卒業 現資源エネルギー庁

システム創成学科の魅力は、とにかくその領域横断的な教育体系にあります。

私も、もともと、環境問題、エネルギー・資源開発に興味があってシステム創成学科E&Eコースに進学したわけですが、

システム工学、環境・エネルギー工学はもちろん、経済・金融など、様々な分野のカリキュラムに身を置くことで、自分の興味の幅を広げ、

将来の選択肢について考えを深めることができました。

領域横断的というと、ある種専門性がないとネガティブに感じられてしまうかもしれませんが、

工学的、専門的アプローチと、領域横断的アプローチを両立できることが、システム創成学科の幅広い進路につながっているのだと思います。

進路選択の段階においては、幅広い分野に興味を持っている人、まだ興味を絞り切れていない人もいるかと思いますが、

それでも「大学での学びを社会に生かしたい!」という思いを持っている人には、ぜひ、システム創成学科をおすすめしたいと思います。







西田哲也の経歴は?

西田哲也容疑者の経歴についてですが、現在は経済産業省自動車課で課長補佐をしていたということで、

28歳で課長補佐というのはかなり実績を残している人物だったことが想像できます。

それ以前の経歴は不明ですが、学歴の東京大学のホームページに現資源エネルギー庁という記載があったため、

大学卒業後にそのまま経済産業省に入省し、現在の役職に就いたという経歴だと思われます。







大学時代から覚せい剤に関わっていた可能性も?

西田哲也容疑者の課長補佐というのは20代ではなかなか就けないポジションだといいます。

そのような輝かしい経歴を持ちながら、覚せい剤を使用するのはかなりのリスクがあるということで、

大学時代から覚せい剤に関わっていたのではないかという声も上がっています。

優秀な人物だけに覚せい剤に関わっていたしていたというのは残念ですが、

どのような組織と繋がっていたのかなどを早急に捜査していく必要があるでしょう。







ネットの声

20代で課長補佐ということは、キャリア官僚だね。何でこんな犯罪に手を染めてしまったのだろう?

「優秀」な人物だからといって「立派」な人物であるとは言えない典型例。毎年、大量に採用している以上、確率的に言えば外れ値に該当する者がいるのも仕方のないこと。
むしろ、若いうちに発覚して良かったと捉えるべきだろうか。

囮捜査が上手く行った好事例だなと思う。
本人は本当だと思って受け取ったはず。
もう、キャリアの立場も失うだろう。
懲戒解雇が待っている。
裏事情も報道を期待したい。

この歳で課長補佐ということは、バリバリのキャリア採用。昔の感覚であれば「素晴らしい未来があるのに、なぜ?」でしょう。
最近野村證券で不祥事件が相次いでいることと根っこは同じなのではないかと思います。

日本のトップ官僚という職業に魅力がなくなっており、すなわち日本国の未来が絶望的であり、心が荒んでいるということではないでしょうか

覚醒剤を密輸していたなら、反社会的勢力との繋がりがあったのでは?民間企業には反社会的勢力との断絶に、これでもかと言うくらい、対策を求めているのに、本当に国は身内に甘い!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。