信岡新吾(町田総合高校校長)の会見が酷い…野口健の元担任だった

町田総合高校で起きた体罰問題が大きな話題となっていますが、信岡新吾校長が開いた会見の内容にも批判が集まっています。

また、信岡新吾校長はあの登山家の野口健さんの元担任という経歴の持ち主でもありました。

そんな信岡新吾校長の会見の内容などについてまとめていきます。




信岡新吾校長の会見内容

信岡新吾校長の会見の内容を簡潔にまとめると、

  • 生徒に問題や指導すべきことがあったために手が出たのではない
  • 暴力はだめだと教員に指導してきた。生徒の心情を思うと申し訳ない

などと発言をしました。

つまり、生徒には何の問題もなく、体罰を行なった教師に全て非があるという見解を示したのです。

校長の会見に動画を見た人たちから「ありえない」の声

信岡新吾校長は生徒に非がないという説明をしましたが、以下の動画を改めてみると、言葉遣いなどから生徒に非があるのは明らかです。


しかも、殴られた生徒は校則違反のピアスをつけていましたし、撮影者は「ツイッターで炎上させようぜ」と言っている始末。

この体罰動画は各ワイドショーなどで取り上げられていましたが、どのコメンテーターも「生徒側が悪い」とハッキリと発言しており、

これだけ意見が割れないのも逆に珍しいなと思いましたが、そういう展開になるほど、今回の生徒側の態度は相当酷かったということでもありますよね。

ちなみにネット上の声も見てみましたが、私の方で生徒側を擁護する声を見つけることはできませんでした。

なので、生徒側を擁護する発言をした信岡新吾校長にも批判が集まっています。

信岡新吾校長は野口健の元担任だった

そんな渦中の高校の校長をしている信岡新吾校長ですが、実はあの野口健さんの元担任という経歴を持っていました。

その証拠に親密そうに写真に写る二人の姿が確認できる画像も見つけることができました。

二人は東京都立立川国際中等教育学校の時に生徒と担任の関係で、3年間も担任を務めていたみたいです。

当時の野口健さんはかなりヤンチャで、信岡新吾校長と取っ組み合いになるほどぶつかっていたのだとか。

しかし、野口健さんは信岡新吾校長に対して「真摯に向き合ってくれた先生だった」と発言しています。

信岡新吾校長の発言は仕方がない?

私が個人的に思ったのは、信岡新吾校長は本心を発言していないのではないかという点です。

基本的に学校側は生徒を守るのが前提としてありますし、現在、生徒の名前や顔画像などの個人情報が流れている状況なので、

学校として、校長としてどんなことがあっても生徒を守らなければならないと思い、今回の発言をしたと思われます。

ただ、その一方で先生を擁護する発言というのは見られなかったので、先生を見捨てたとも捉えられますし、

先生側としては擁護してもらいたい気持ちもあったのではないでしょうか。

また、体罰を加えた先生に限らず、他の先生あるいは先生を目指している人にも「学校は守ってくれない」という印象を与えてしまったことを考えると、

先生を擁護する発言も必要だったのではないかと思いました。




寛容な処分を求める署名活動も

こうした事態を受けて、手を出してしまった先生の元教え子たちが以下のサイトで署名活動を行なっています。

→署名活動ページ

1月22日16時時点で2,500人もの方が署名しており、先生への寛容な処分や生徒への適正な指導を求めるのが目的となっています。

今回の報道を受けて、どうしても許せない!と感じた方はぜひ、署名してみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。