小田急線脱線事故の現場は本厚木〜愛甲石田間のどこ?場所が特定される

小田急線脱線事故の現場は本厚木〜愛甲石田間のどこ?場所が特定される

19日午後2時ごろ、小田急線の踏切内で立ち往生していた乗用車に電車が衝突して脱線する事故が起きました。

場所は本厚木〜愛甲石田間の踏切となっており、その衝撃で電車は脱線して、現在も復旧活動が進められていますが、

事故が起きた現場の場所はどこなのでしょうか?







小田急線の本厚木〜愛甲石田間で脱線事故

今回の事故は以下のように報じられています。

19日午後、神奈川県厚木市の小田急線の踏切で、立往生していた乗用車に快速電車が衝突し、脱線しました。これまでのところけが人はいないということで、警察が詳しい状況を調べています。

19日午後3時前、神奈川県厚木市船子の小田急線の踏切で立往生していた乗用車に、下りの快速急行が衝突し、脱線しました。

警察によりますと、乗用車を運転していたのは20代の女性で、車の故障に気付いて踏切の非常ボタンを押しましたが、列車のブレーキが間に合わず衝突したということです。女性は車の外にいて無事でした。

現在、消防が出て、列車内にけが人がいないか確認していますが、これまでのところけが人の情報は入っていないということです。警察が事故の詳しい状況を調べています。

この事故の影響で小田急線は本厚木駅と伊勢原駅の間で、上下線とも運転できなくなっています。

引用:NHK NEWS WEB

けが人の情報は入っていないとのことですが、死者が出るなど最悪のケースは免れたのは良かったですね。

そして、今回事故が発生した現場についてですが、詳細な場所は特定されているのでしょうか?







小田急線脱線事故の現場は本厚木〜愛甲石田間のどこ?

今回の脱線事故の場所は小田急線の本厚木駅〜愛甲石田駅間と報じられていますが、具体的な場所はどこなのでしょうか?

ミヤネ屋では脱線事故の様子を映像で公開しており、その時の画像が以下になります。
小田急線脱線事故の現場は本厚木〜愛甲石田間のどこ?
そして、ストリートビューでその場所を探した結果、周りの建物などから以下の位置が事故現場として特定されました。
小田急線脱線事故の現場は本厚木〜愛甲石田間のどこ?







小田急線は5年前の6月19日にも相模大野駅で脱線事故が起きていた

今回の事故を受けて小田急線が今からちょうど5年前の6月19日にも

相模大野駅で脱線事故を起こしていたことがネットで話題になっています。

発生日時:2014年6月19日 18時09分頃

車庫線から相模大野駅1番線ホームに向かう入換車両が、入換信号機手前の所定位置で一旦停止後、
再度走行を開始したところ衝動と停電が発生し、同信号機から約103mの地点で停止しました。
車両を確認した結果、進行方向前方から3、4、6両目が脱線していました。(合計5軸)

引用:小田急ホームページ

今回は小田急側に非がないとはいえ、同じ日に脱線事故が起きるというのはかなり不気味な感じがするので、

ネットで話題になるのもわかる気がします。







小田急線脱線事故の現場は本厚木〜愛甲石田間のどこ?場所が特定される

19日に起きた小田急脱線事故の現場についてご紹介しました。

死者が出るなどの大惨事とならなくて良かったですが、ここ最近は電車の脱線事故が多いので、

少し怖いなと感じてしまいます。

踏切に立ち往生していた乗用車も故障が原因とされているので、あまり責めることはできませんが、

しっかりと事故の原因を調査してほしいですね。

小田急線 本厚木〜愛甲石田間で脱線事故の画像!復旧時間はどれくらいかかる?

小田急線 本厚木〜愛甲石田間で脱線事故の画像!復旧時間はどれくらいかかる?

2019年6月19日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。