オハイオ州の1998年女性殺害事件の犯人と結末!6歳のブルックが嘘をついた理由とは?

オハイオ州の1998年女性殺害事件の犯人!6歳のブルックが嘘をついた理由とは?

6月15日に放送される「世界法廷ミステリー11~悪魔のアリバイ~」で

1998年にオハイオ州で起きた女性殺害事件が紹介されます。

ここでは、事件の結末や犯人についてなどをご紹介していきます。

【6月15日放送「世界法廷ミステリー」に紹介される事件まとめ】

テキサス州 セレブ一家銃撃事件の結末!犯人のバート・ウィタカーの現在がこちら

テキサス州 セレブ一家銃撃事件の結末!犯人のバート・ウィタカーの現在がこちら

2019年6月15日
ウィスコンシン州の2016年ニコール殺害事件の犯人と結末!スマートウォッチが証拠に?

ウィスコンシン州の2016年ニコール殺害事件の犯人と結末!スマートウォッチが証拠に?

2019年6月15日







1998年にオハイオ州で女性殺害事件が発生

1998年、アメリカ・オハイオ州でジュディス・ジョンソン(58歳)が自宅で寝ていると、男が侵入し、

性的暴行を加えるなどして殺害し、同じ家にいた6歳の孫、ブルック・サットンも性的暴行の被害に遭う事件が発生しました。

ブルックは意識を失ったものの、命に別状はなく、数時間後に意識が戻ったため、自らの足で近所に助けを求めに行きました。

ブルックが犯人を証言

ブルックは隣の家に助けを求めに行くと、トニア・ブラジエルが対応しました。

ただ、彼女は自分の子供の朝食を作っていることを理由に45分間もブルックを家の外で放置し、

ようやく対応し、警察に通報。

そして、ブルックは犯人について「叔父のクラレンス・エルキンズに見えた」と話したのです。

この証言をもとに警察はクラレンスを事件の容疑者として逮捕しました。







クラレンスは無罪を主張も…

逮捕された叔父のクラレンスは38歳で、殺害されたジュディスの娘の夫でした。

クラレンスは「自分は犯人じゃない」と犯行を否定し続け、警察もクラレンスが犯人だという証拠を掴んではいませんでした。

しかし、1999年にクラレンスはブルックの証言だけで有罪判決を受け、終身刑が言い渡されたのです。

クラレンスの嫁が真犯人を探す

この判決を受け、クラレンスの嫁のメリンダは真犯人を探すために探偵を雇うなどして捜査を開始します。

また、決別していた姉のブルックの母親と和解し、ブルックに犯人について問いただすと、

「犯人は茶色い目をしていた」と話し、逮捕されたクラレンスは青い目をしていたのです。

そして、性犯罪前科者のDNAサンプルを自ら集め、DNA鑑定を依頼した結果、

夫のDNAも犯人のものと一致しないことが判明。

さらに、メリンダはある新聞記事で性的暴行犯の中に、夫と顔が似ている人物が載っていたのを見つけたのです。







事件の結末!真犯人は身近な人物だった

メリンダはその人物について調べると、なんとブルックが助けを求めた隣の家に住んでいたことがわかります。

その男の名前はアール・マンといい、偶然にもクラレンスと同じ刑務所に服役していたため、

DNAサンプルをクラレンスに奪わせて調べた結果、殺害されたジュディスに残されていたものと一致したのです。

こうしてすでに事件から約6年が経過した2005年にクラレンスは釈放されたというのが結末となります。







オハイオ州事件の真相

【アール・マンの画像】
事件の真相
アール・マンはジュディスを強姦し、殺害したのちにブルックにも暴行しましたが、彼は死んだと思って現場を立ち去っていました。

しかし数時間後、ブルックが自分の家に助けを求めてきたため、妻のトニアと45分間相談した結果、

犯人はクラレンスだということにしようと計画し、ブルックにクラレンスが犯人だと証言させていたのです。

ブルックも6歳という年齢だったため、記憶が曖昧なこともあり、今回のような誤認逮捕に至ってしまったという結末に至ってしまったのです。

オハイオ州事件のその後

夫の冤罪を晴らしたメリンダは現在、冤罪を受けた人々のためにオハイオ州で活動しており、

クラレンスさんも有罪判決を受けた被告人をDNS再鑑定によって救済する

非営利機構イノセンス プロジェクト アクト(Innocence Protection Act)で活動しています。

しかし、二人は事件後に離婚してしまったようですが、冤罪で苦しむ人々のための活動に尽力し、多くの人を救っているとのことです。

【6月15日放送「世界法廷ミステリー」に紹介される事件まとめ】

テキサス州 セレブ一家銃撃事件の結末!犯人のバート・ウィタカーの現在がこちら

テキサス州 セレブ一家銃撃事件の結末!犯人のバート・ウィタカーの現在がこちら

2019年6月15日
ウィスコンシン州の2016年ニコール殺害事件の犯人と結末!スマートウォッチが証拠に?

ウィスコンシン州の2016年ニコール殺害事件の犯人と結末!スマートウォッチが証拠に?

2019年6月15日









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。