桜田義孝大臣が池江璃花子に失言!「がっかり」は全文や動画を見ても炎上する内容だった?

桜田義孝大臣の池江璃花子への失言について




2月12日、競泳の池江璃花子選手が白血病を患っているという衝撃的なニュースが流れましたが、

それを受けて、桜田五輪担当大臣が「がっかり」などと発言し、炎上しています。

なぜ、このような発言をしたのかを調べてみると、桜田大臣は過去にも度々失言を繰り返していることが判明しました。

今回の件について詳しくまとめていきます。

桜田大臣の「がっかり」発言の全文

桜田大臣は池江璃花子選手が白血病と診断されたことについて記者に問われた際の全文が以下の通りになります。

記者:池江選手が自ら白血病であること、しばらく休養することを公表した。桜田五輪担当相の受け止めは?

桜田五輪担当相「びっくりした。病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿になって戻ってもらいたいというのが、私の率直な気持ちだ」

記者:競泳の中でも有力な選手だ。

桜田五輪担当相「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手だから、本当にがっかりしている。早く治療に専念していただいて、また元気な姿を見たい」

記者:これまで池江選手の活躍をどう見てきたか?

桜田五輪担当相「日本が誇るべきスポーツ選手だ。最近水泳が盛り上がっていて、

オリンピック担当相としては、オリンピックで水泳に期待している部分もある。一人リードする選手がいると、全体が盛り上がる。そうした盛り上がりが若干、下火にならないか、ちょっと心配している。

我々、一生懸命がんばって、いろんな環境整備をやる。とにかく治療に専念して、元気な姿を見せていただいて、またスポーツ界の花形として、がんばっていただきたいというのが私の考えだ」

記者:池江選手にエールを送るとしたら?

桜田五輪担当相「とにかく治療を最優先して、元気な姿を見たい。またがんばっている姿を期待している」

と発言しており、これが全文となります。

後半は労いの言葉も伝えましたが、第一声が「本当にがっかりしています」だったので、

池江璃花子選手の体調よりも、自分のことを優先して考えていると捉えられても仕方がないのかなと思います。

また、後半部分の「そういった盛り上がりが若干下火にならないか、心配しています」という発言についても指摘する声が多く挙がっていました。

「がっかり」発言の動画!

さらに、実際にどのようなニュアンスでこのような発言をしたのでしょうか?

実際にやり取りが収められた動画が以下になります。
※▷ボタンをタップで再生できます!


文字だけでなく喋り方などを聞くと、そこまで叩かれる感じではないのかなとも取れますが、

悪意がなかったとしても、もう少し慎重な言葉選びをすべきだったのかなと個人的に思いました。

過去にも失言を繰り返していた

そんな桜田大臣ですが、彼の失言は今回だけではありません。

調べてみると、過去にも失言を繰り返していたのでご紹介していきます。

2013年10月7日 福島県について

「福島第一原発事故で放射能に汚染されたごみを焼いて出た焼却灰の処理をめぐって、

桜田義孝・文部科学副大臣が千葉県北西部の市長や国会議員らとの懇談会の席上、

「(焼却灰は)原発事故で人の住めなくなった福島に置けばいい」と発言」

2018年11月5日 参議院予算委員会

なぜ選ばれたか(五輪担当大臣に)私は分かりませんが、

それは総理が適材適所と思って選んでいただけたと思って立派に任務を果たすように、しっかりと取り組んでいくつもりでございます」

東京オリンピック、パラリンピックの3つの基本コンセプトは何か?という問いについて

「大会の円滑な準備、および運営の推進の意義に関する事項。政府が実施すべき施策に関する基本的な方針。

政府が講ずべき具体的な措置などについて記載しております」などと政府としての基本方針を回答

「8011億円と指摘された中で、国の関連予算いくらだと」という問いに

「1500円でございます。あ、ごめんなさい。1500億円でございます」

2018年11月6日 記者会見

五輪関係の国際会議のため北朝鮮の体育相が来日するとの報道について問われ、

「私は全然承知していない。全然知らない」などと他にも知らない発言を連発

2018年11月14日 衆議院内閣委員会

サイバーセキュリティーを担当する立場の桜田大臣が

「自分でパソコンを打つということはありません」などと発言

他にも上記以外の小さな失言があるのですが、過去にこれだけの失言を繰り返しているため、

記者団の間では、今回の池江璃花子選手に対する質問でも失言が出るのではないかと注目していた部分もあるのではないでしょうか?




ネットの声



過去の失言を見ると、この方は言葉の選び方があまり上手ではないのかなという印象を受けますし、

今回も池江璃花子選手のことを全く心配していないわけではないものと思われます。

マスコミも部分的に切り取って報道するところがありますが、それでも「がっかり」という言葉は、

今の彼女に対して使うものとしては不適切と多くの人が感じる可能性があることは考えられると思うので、

謝罪などの対応をした方が良いと思います。

池江璃花子の入院先の病院名はどこかを特定や予想する動きについて

池江璃花子の入院先の病院名はどこか特定するな?小林麻央の時も同じような動きが…

2019年2月13日
池江璃花子の白血病のステージや余命について

池江璃花子の余命や白血病のステージは?完治の可能性はどれくらいなの?

2019年2月12日





1 個のコメント

  • 桜田大臣はいろいろ問題はあると思いますが、今回の池江選手関連の発言、そんなにひどくないと私は思っています。
    皆さんは本当に”がっかりしませんでしたか?”
    特に五輪を盛り上げる立場にある担当大臣の立場なら、さらにそう思っても仕方がないんじゃないでしょうか?
    それを言葉にしてしまう点については、大人げないという見方もあるでしょう。でも、そのあと、ちゃんと池江選手のことを考えた発言をしているじゃないですか!
    皆さんは自分が日ごろまったく問題ない、だれからも後ろ指さされることのない発言をずっと続けられていると本当に思っていますか?
    この程度の発言が問題になるのであれば、こわくてだれも大臣などの要職にはつけないでしょう。
    私としては五輪担当大臣としての役割を果たしているかどうかについての報道をせず、このような重箱の隅を突っつくようなおおらかさのない現代の状況を作ったのはマスコミであり、マスコミに大きな問題があると思っていますが、それはさておき、もう少し本質に目をむける社会になってほしいものだと思う今日この頃です。
    ちなみに、五輪憲章を読んでいないのは大臣としての仕事を全うしていないと私は思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。