スーパームーン2019は2月20日がピークで時間や方角は?天気が雨で20日以降も見ることはできる?

2019年2月20日に普段より大きな月が見れるスーパームーンを観測することができます。

スーパームーンはだいたい一年に一度あるか無いかという頻度でしか見られないため、ぜひ、忘れずに観測したいところですが、

ピークの時間や方角はどこなのでしょうか?

それらの情報や、天気はどうなるのかについて詳しくまとめていきます。




ピークの時間はいつ?

2019年2月20日がピークを迎えますが、その時間帯は

深夜午前0時54分頃

が最も月が大きく見えるスーパームーンの時間帯になります。

また、2月19日の18時03分頃月と地球が最接近するため、この時間帯でも十分大きい月を見ることはできます!

月の出と入り時間

スーパームーンが観測できる日の月の出と入りの時間帯についてですが、

  • 月の出:2月19日16時57分頃
  • 月の入り:2月20日6時03分頃

となっています。

もし、スーパームーンを深夜に観測する場合は、6時頃までなら観測できますが、

とても冷え込むので、防寒着などの防寒対策を忘れずにしてください!

方角はどこ?

方角に関しては

南南西、高度約60°の位置

を意識して観測しましょう。

つまり、南側を見ればスーパームーンが見られるということですね。

あまり方角は気にしなくても、2月19日の夜から20日未明に空を見上げればスーパームーンが見られると思うので、

そこまで気にする必要もないのかなと思います。

観測にオススメの場所!

もし、しっかりとスーパームーンを見たいのであれば、街のライトが当たらない場所で観測することをオススメします。

というのも、スーパームーンは普段の月よりも約30%ほど明るいのですが、

都市部のライトが強い場所だと、その明るさが感じられないためです。

なので、近くにそのような場所があるのなら

都市部のライトが当たらない場所で観測することをオススメします。

2019年2月19日夜から20日未明の天気

スーパームーンを見れるかどうかは天気が一番重要な鍵を握っていると言っても過言ではないので、

19日夜からの全国の天気予報が以下の通りです。
スーパームーン2019の天気予報の画像
なんと、北海道以外は全て雨または曇りの予報となっており、20日未明のピークを観測するのは難しい予報が出ています。

18日や20日に見ることも可能!

スーパームーン当日は全国的に天気が悪い予報が出ていますが、

スーパームーンの前後の18日や20日の夜でも、スーパームーンとまではいきませんが、

それでもいつもより大きな月を見ることは可能です!

しかも、この両日は晴れるところが多いため、18日と20日の夜もぜひ意識して空を見あげてみてください!




スーパームーンは願い事を叶えるって本当?

スーパームーンと願い事の関係についてはスピリチュアル的な要素が絡んでいます。

スピリチュアルでは満月には達成するエネルギーが満ち溢れているという考え方があり、

その満月が大きいほど効果も期待できるとされているのです。

つまり、満月が大きいスーパームーンに願い事をお祈りすることでより効果が期待できるということから、

スーパームーンは願い事が叶うとされているようです。

よく流れ星に3回願い事を言うと願い事が叶うと言われていますが、それと同じで科学的根拠はないですが、

「やってみる価値はある」程度に捉えておけば良いのかなと思います。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。