高萩中学校の卓球部顧問の名前は日野先生で画像は?事件の内容がヤバい

高萩中学校の卓球部顧問の名前は日野先生で画像は?事件の内容がヤバい

先月30日、茨城県高萩市立高萩中学校に通う中学3年生の女子生徒が自殺していたことが判明し、

女子生徒が所属していた卓球部の顧問の行き過ぎた指導が理由だったとして問題となっています。

また、このような指導を行ったのは日野先生などという情報が流れていますが、

顔画像とともに今回の事件についてご紹介していきます。







高萩中学校の事件の内容

今回の事件は以下のように報じられています。

茨城県高萩市の市立中学3年の女子生徒が自殺していたことが分かり、市の教育委員会は女子生徒が所属する部活動で、顧問が「殺すぞ」と発言するなど「不適切な指導があった」と明かしました。

高萩市の教育委員会によりますと、自殺したのは卓球部に所属する中学3年の女子生徒(15)で、先月30日、自宅の自分の部屋で死亡しているのを家族が見つけました。教育委員会は自殺の原因は調査中としたうえで、卓球部の男性顧問が“不適切な指導”を行っていたと明らかにしました。

「『いいかげんにしろ』『ばか野郎』『殴るぞ』『殺すぞ』などの 暴言を、部員全体に対して発した」(高萩市教育委員会 石井健寿教育部長)

また、顧問は、部員の肩を小突いたり、道具を床に投げつけたりもしていたということで、教育長は、「行き過ぎた指導で、限りなく体罰に近い」との認識を示しました。女子生徒は今年3月、練習に出なくなりましたが、その直後、教育委員会に、指導に関する匿名の相談が寄せられ、対応していたということです。

女子生徒は顧問の“不適切な指導”を記した直筆のメモを残していたということで、教育委員会は、第三者委員会を立ち上げ調査する方針です。

引用:JNN

自殺の原因は調査中としていますが、明らかに顧問の行き過ぎた指導が原因ですよね。

一体このような指導を行った卓球部の顧問は誰なのでしょうか?







卓球部顧問の顔画像が特定

今回の事件の原因となった顧問の顔画像についてですが、

高萩中学校の卓球部の画像にそれらしき人物が写っているのが確認できました。
卓球部顧問の顔画像が特定

卓球部顧問の顔画像が特定
この2枚の写真の中に坊主頭の男性がどちらの写真にも写っているため、

この男性が今回の事件の原因となった顧問だと推測することができます。
卓球部顧問の顔画像が特定







卓球部顧問の名前は日野先生?

また、高萩中学校の卓球部の顧問の名前についてですが、

ネットでは日野先生という名前が上がっており、ツイッターでも元在校生と思われる人たちが以下のようなやり取りをしているのを確認できました。


「俺も高中出身だし卓球部だったからわかるよこいつの口調の悪さ」などとあるため、

高萩中学校の生徒の中では日野先生の行き過ぎた指導は有名だったことがうかがえます。







高萩中学校の卓球部の成績は?

顧問がとても厳しい指導をしていた高萩中学校の卓球部ですが、

実際にどのような成績を収めていたのでしょうか?

調べてみると、県総体を団体で3連覇していたり、全国大会に出場するなどかなり強豪校だったようです。

強豪校の指導は厳しいイメージがありますが、ニュースで紹介されているような暴言は指導とは違う気がしますし、

女子生徒が自ら命を絶つほどの指導は流石にやり過ぎとしか言いようがないと思います。







高萩中学校について

まず、高萩中学校の場所は

茨城県高萩市高浜町1丁目77となっており、この事件を受けて口コミの評価が低くなっています。

2018年現在で生徒数は286名の中規模の中学校で校長の名前は八重樫一夫校長ですが、顔画像などは現時点では見つかっていません。







ネットの声

自分も教師に怒られたら殴られても当たり前の様な教育を受けた世代ですが、子供の頃からそういう教育を受けてきた人達に急に「それはやっぱり間違ってたので、やめて下さい」と言っても、実際問題としてすぐに改めるのは無理だと思います。せいぜい手を出さないまでは制御できても、怒鳴らないとか傷付けないとか、言葉遣いまではコントロールが難しいと思います。
亡くなった生徒さんは本当に気の毒で、こういう状態は早急に解決すべきなのは確かだとは思いますが、今がまさに過渡期という感じですよね。
教員や社会の意識改革を進めると同時に、家庭でも子供が悩んだ時にしっかりと親が相談に乗ってサポートできるように心掛けが必要ですね。

部活動の目的は、子供達の健全な成長を促すことに重点を置いているはずですが、最近は試合に勝って実績を残すことに重点を置きすぎではないでしょうか?
負けることよりも勝つことの方が、達成感や向上心が生まれますが、言葉を悪くすると学校側のエゴにより子供達を洗脳して利用しているような気がします。
当方が子供の頃は、例えば生徒が練習中にふざけて騒いでいた場合は、顧問の先生が一喝して場をおさめることはありましたが、「殺す」とか「死ね」とかいうのは、無かったと思います。
年々、教職員の質が低下してきたことを匂わせる内容ですね。

殺すぞという言動は昔は当たり前だったので昭和産まれからすれば自殺する事ではない。
でも今は時代が違う。昔当たり前だったからと、現代の生徒に同じ事するのはナンセンス。
今の時代に相応しい教育方法を模索して、生徒とぶつかる必要があると思う。

生徒も生徒で命をお粗末にしてる気がする。もっと命を大事にして欲しい。死んだら苦しむのは自分だけじゃない。残された家族の事も考えて欲しい。
とにかく今は教師と生徒の考えがすれ違い過ぎてこんな事件が多発してると思う。もっと教育のあり方を改善しなければならないですね。

昔も部活動ですごく怒られたりしたことはあったと思う。けど、顧問の先生は暖かさもあったと思う。今の先生方はどうなのかはよくわかりませんが、強くさせるための指導は厳しさもなければ、いけないと思うし、うまくできたら、それよりもっと激しく、誉めてあげることも大切ですよね。「殺すぞ️」は問題外だけど。やはり、先生が未熟なのかな?それとも、やらされてる感が強いのかな?でも、部活の顧問もやるってのは、先生になろうと、思ったときにはわかってるはずなんだから、なったからにはしっかりやってほしいよね。

卓球部は強豪だったとのことで、顧問も強いチームを作るための指導だったのかもしれませんが、

それでも今回の暴言などは行き過ぎだと個人的に感じます。

この程度で自ら命を絶つ女子生徒もどうなのかという意見がありますが、中学3年生はまだ子供ですし、

命の大切さを十分理解できていなかった可能性もあるため、そのようなことを考慮した上で指導すべきだと思いました。







卓球部の顧問は罪に問われるの?

この事件については第三者委員会を設置して調査するとのことですが、

中学3年生の女子生徒は顧問の不適切な指導を記した直筆のメモを残していたとあるため、

これが証拠となって何かしらの罪を受ける可能性が高いものと思われます。

そしてもちろんこの顧問の指導も悪いですが、生徒の間ではこの顧問の行き過ぎた指導が有名だった内容の書き込みも見られたため、

校長などの周りの先生も気づいていたはずですし、こうなる前に何かしら対策をできなかったのかとも感じました。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。