ゆたぼんの姉(長女)の現在!中村幸也の心理カウンセラーは資格がいらない職業だった?

ゆたぼんの姉(長女)の現在!中村幸也の心理カウンセラーは資格がいらない職業だった?

10歳の不登校ユーチューバー「ゆたぼん」が学校に通わずにYouTube活動をしたり、

物議を醸すような発言をして大きな話題となっていますが、

そんな中、父親の中村幸也さんのブログのある記事が注目を集めています。

その内容はゆたぼんが現在行なっている活動を本当はゆたぼんの姉(長女)に行わせたかったともとれる内容となっており、

注目を集めています。

そこで、実際のブログの内容や中村幸也さんが名乗っている心理カウンセラーの実態についてなどをまとめていきます。







中村幸也はゆたぼんの姉(長女)を利用しようとしていた?

ゆたぼんの父親の中村幸也さんのブログを見てみると、2018年6月13日に長女を除く家族6人で大阪から沖縄に引っ越したと綴っているのですが、

当初は家族全員で沖縄に住むことを決めたものの、長女は4月になって突然「沖縄に行かない」と言ったため、

以下のように計画が台無しになったなどというニュアンスでブログが書かれています。

今日、長女以外の家族六人で、
大阪から沖縄に引っ越して来ました!

最初は長女も行くと言っていたのですが、
四月になって急に行かないと言い出し、
自立すると言って先月家を出ました。

それまでは長女をメインにして計画を練り、
兄妹も凄く頑張ってきたのですが、
長女が途中で投げ出した為、
すべての計画を白紙に戻す事に・・・。

予定していたクラウドファンディングも中止し、
再度、長女以外の家族六人で
一から計画を練り直しました。

どのようなクラウドファンディングを募っていたのかは確認できませんでしたが、

おそらく現在ゆたぼんが行なっている活動を長女にやらせたかったのではないかと思われます。

→ブログ記事を見る







ブログには長女の悪口も?

さらに、ブログの中には

わがままで贅沢な長女が抜けた事で、
家族会議もスムーズに進み、
まずは家の中にあるほとんどの物を
処分する事にしました。

などと、長女を誹謗中傷するような内容も見られましたが、

最終的には以下のように「自立できるのは大したものです。」などと褒めているようにも感じます。

ちなみに長女は自立して生きる道を選びました。
生き方に問題があるとしてもこの年で自立できるのは大したものです。

ただ、生き方に問題があるなどの言葉を使用しているのをみると、中村幸也さんは長女に対してかなり不満を持っているように思えます。

長女の現在は?

そんな中村幸也さんの長女ですが、実はYouTubeチャンネルとツイッター、Facebookアカウントが特定されています。



しかし、

  • YouTubeは2018年12月16日
  • ツイッターは2018年6月10日
  • Facebookは2018年5月31日

を最後に更新が止まっており、現在何をしているかはわかっていません。

そして上記のFacebookではお金を求めていたり、ツイッターではヒッチハイクを呼びかけていたり、

かなりお金に困っている様子が伝わってきますよね。

ちなみに中村幸也さん一家が沖縄に引っ越したのが2018年6月13日のため、

当時17歳の女の子が一人大阪に残されて経済的な支援も受けていなかった可能性も考えられるので、親としてどうなのかなという気がします。







心理カウンセラーは資格がいらない?

ゆたぼんの父親の中村幸也さんは心理カウンセラーを名乗っていますが、

心理カウンセラーという国家資格は存在せず、特に必須の資格が必要というわけでもないと記載されています。

心理カウンセラーになるためには、専用の学部を卒業しなければいけないのではないか、国家資格が必要なのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれません。
実は「心理カウンセラー」という名の国家資格は存在しません。心理カウンセラーになるために特に必須の資格があるわけではありません。

引用:ヒューマンアカデミー

また、資格の取得方法に関しては

心理カウンセラーに関する資格は、それぞれ取得方法がまったく異なります。心理系の大学・大学院を卒業しなくてはならない場合もあれば、養成講座に通って資格試験に合格すれば良い場合もあります。また通信教育による勉強だけで取得が可能なものもあるので、気になる資格をチェックしてみましょう。

引用:ヒューマンアカデミー

などと、簡単に取得できるものもあるようですね。

ちなみに中村幸也さんの経歴は

  • 独学で勉強して高等学校卒業程度認定試験(旧大検)
  • パソコンのスキルを身につけ、営業の仕事を始める
  • 営業の仕事をしながら独学で心理学とカウンセリングを学び、
  • 2010年、本格的に心理学とカウンセリングを学び心理カウンセラーとなる

などとなっていますが、具体的にどのような資格を持っているのかについては見つかりませんでした。







ゆたぼんはYouTubeとツイッターの規約違反だった?

こうした父親を持ち、YouTubeで情報発信しているゆたぼんですが、そもそもYouTubeの規約には以下のように記載されています。

12. 本サービス条件を受諾する能力
お客様は、お客様が20歳以上の成人であること、又は法的に効力のある親若しくは後見人の同意を有すること、並びに本サービス条件に定める条項、条件、義務、確約、表明及び保証を締結し、本サービス条件に従い、これを遵守する完全な資格及び能力を有することを確認します。いずれの場合も、本サービスは13歳未満の子供による利用を意図していません。あなたが13歳未満の場合、YouTubeウェブサイトを利用しないで下さい。あなたに、より適しているサイトが他にも沢山あります。あなたにそのサイトが適しているか、ご両親に相談してください。

引用:YouTube利用規約

つまり、10歳を名乗ってYouTubeで活動することは規約違反となります。

また、ツイッターに関しては

Twitterのサービスは13歳未満のお子様を対象としたものではありません。あなた (保護者) の同意なくお子様が自分の個人情報をTwitterに提供したことがわかった場合は、こちらからご連絡ください。Twitterは13歳未満であることを知りながら、そのようなお子様から個人情報を収集することはありません。13歳未満のお子様が個人情報を提供したとわかった場合は、提供された情報を削除し、当該アカウントを停止する措置を講じます。保護者および10代のユーザーに関する詳細情報については、こちらをご覧ください。

などと、13歳未満の利用を対象としていないものの、使用禁止とまではいかないニュアンスとなっているみたいです。

ただ、ニュースなどで取り上げられたことで大きな話題となっていますし、

彼の活動ももちろんですが、YouTubeアカウントが存続するのかという点も注目していきたいと思います。







まとめ

話題になっている10歳の不登校ユーチューバーのゆたぼんですが、彼の動画を見て「自分も不登校になる」などという子どもたちが出ないかが不安です。

不登校になった理由がいじめなどであればわかるのですが、

宿題を拒否して怒られたことに不満を抱いたり、周りがロボットのように見えて自分もそうなりたくないなどという身勝手な理由なので、

世間から共感を得られないのも無理はありません。

ただ、現在のゆたぼんの活動を本当は姉(長女)に行わせようとしていたのはブログの内容から見ても明らかなので、

姉の代わりにユーチューバーをやらされているのではないかとゆたぼん本人に聞いてみたいものです。

ゆたぼんの父親の中村幸也の経歴や母親などの家族の正体がヤバい…

ゆたぼんの父親の中村幸也の経歴や母親などの家族の正体がヤバい…

2019年5月6日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。