ゆたぼんの父親の中村幸也の経歴や母親などの家族の正体がヤバい…

ゆたぼんの父親の中村幸也の経歴や母親などの家族の正体がヤバい…

ゆたぼんという10歳のユーチューバーが大きな話題となっています。

現在学校に通わずにユーチューブなどの活動をしており、学校に通わなくなった理由は

「周りがロボットに見え、自分もそうなりたくないから」という大胆なものでした。

そんな彼の父親や母親について調べてみると、経歴などがとても変わった人物だったため、

それらについてご紹介していきます。







ゆたぼんがニュースで紹介されて話題に

ユーチューバーのゆたぼんが紹介された記事が以下になります。

「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。

ラジオでは苦しんでいる子に向けて勇気を与えるメッセージを発信するつもりだ。

引用:琉球新報







ゆたぼんのユーチューブチャンネル名は?

ゆたぼんのユーチューブチャンネルは「少年革命家ゆたぼんチャンネル」で、以下の動画が特に話題となっています。


ただ、低評価数が90%ほどとなっており、やはり義務教育を受ける10歳の少年が学校に通えるにも関わらず、それを放棄して

ユーチューブ活動などを通じて滅茶苦茶なことを発信しているのがこの評価に繋がっているものと思われます。







ゆたぼんの父親の中村幸也の経歴!

そんなゆたぼんの父親の名前は中村幸也氏といい、心理カウンセラーを名乗っています。
ゆたぼんの父親の中村幸也の画像
そして経歴を調べると、

中学時代はかなりのやんちゃ坊主。盗んだバイクでグランドを走りまわり、タバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。

中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3ヶ月で辞める。のちに20回以上転職を繰り返す。

暴走族の副総長となる。恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc

などとなっており、やんちゃの次元を超えていますよね…

その後は

  • 独学で勉強して高等学校卒業程度認定試験(旧大検)
  • パソコンのスキルを身につけ、営業の仕事を始める
  • 営業の仕事をしながら独学で心理学とカウンセリングを学び、
  • 2010年、本格的に心理学とカウンセリングを学び心理カウンセラーとなる

という経歴となっています。

やんちゃという言葉だけで済ませて良いのかわからないような経歴の持ち主で

自身のブログのプロフィールには

これからの時代は自分の好きな事、やりたい事をしながら生きられる時代。

ロボットのように働くだけの労働者ではなく、自分の好奇心に素直に従いながら、

どんどん新しい扉を開いて生きて、そんな生き方をする人たちを増やしていきたいです。

などと記載があるため、その考えを自分の子供にも伝えた結果、ユーチューブで情報発信する今の形になったのかもしれませんね。

→中村幸也氏のブログを見る

中村幸也は情報商材も売っていた?

さらに、中村幸也氏は以下の画像のような情報商材を売っていたことも明らかとなっています。
中村幸也は情報商材も売っていた?
商品名は「完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】」となっており、価格は17,800円と割高です。

この商材の内容は不明ですが、情報商材は高額の割に中身が全くないものも多く存在するため、

あまり良いイメージではないことは間違いありませんね。







ゆたぼんの母親や家族はネット乞食だった?

また、ゆたぼんの母親は「きよみん」と名乗ってネットで活動しているのが確認できました。

ただ、その活動内容の一つにpolcaという支援者からお金を集めるツールを使っているのですが、

以下のようにパソコンが無いからと支援金を集めたりしているようです。
ゆたぼんの母親や家族はネット乞食だった?


また、ゆたぼんの姉もユーチューバーをしていて、母親と同じくpolcaで交通費を集めていたこともわかっています。


私の家族がもし、他人から集めたお金でパソコンを買ったり行動をしていたりしたら恥ずかしい気持ちになってしまうと思いますが、

この家族にはそれが誇らしいと感じているからツイッターで発信していると思うので、全く考え方が違う人なんだなと感じました。







ネットの声

不登校の理由が、

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

のようなしょうもない理由とは。いじめで学校に行けないとかではなく、宿題したくないという義務教育放棄なら日本からでていけばいいだけの話。親も宿題しない子をしかり、ある程度のルールを学ばせないと十年後、この子がかわいそうになる。

不登校は悪いことではない。どうしても辛くて死ぬくらいなら行かない方がいいから。でも、本来学校は人間関係を構築する術を学び基礎的な学力をつけるために行くべきところ。行かない選択は悪くはないけど決して良いことではない。
宿題をやらずに怒られたから行かないなんて、世の中を舐めすぎだしそれを許す親もどうかしてる。今は良くても、子供はいずれ大人になり嫌でも社会に出なければならない。その時に困らないように、多少のことで潰れてしまわないようにと大人は時に厳しく接する必要があるのだと私は思います。子供の意思を尊重することは良いことかも知れないけど、言いなりになることとイコールであってはならない。

きちんと土台・基礎を作りあげた人が自由を唱えれば説得力がある。その土台は人の心を動かす力にもなるから。
過ぎた時間は二度と戻らないよ。小学校の6年間なんて、土台作りにはとても大切な6年間だと思う。
はっきり言ってしまうとYouTuberと知った時、”ああ、今時の子ね”と思ってしまった。ある意味今の時代の量産型ロボット。

まあどんな子がいても良いと思う。
でも自分の子が、不登校やその他いろんな理由で壁にぶち当たった時、この子の動画は見せないな。

周りの不登校の子供を元気づける為の発信だけを目的なら素晴らしい取り組みにも見えるが、この子供自身が不登校で活動するっていうのはちょっと説得力がない。単に金銭収入目的にしか見えない偽善だと思う。
不登校な子供でも周りと一緒に成長していくのです。
親がいるうちは自分は何もしなくても生活できますが、親だって歳を取ります。親が働けなくなったら、大人になっている子供は自分の力で生活していかないといけません。ユーチューバーはいつでもなれるけど、歳を取ってからでは学べるべきものが学べなくなる。子供の時代だからこそ学べる事がある。この子自身が不幸な子だと思う。

本当に世の不登校な子供に訴えかけたいのなら、自分自身が他人を納得させるだけの人生を送ったらどうですか?

この子の親は恥ずべきだと思うね。この子の人生をどれだけ思ってるんですかね。







子供が影響を受けないかが心配…

ユーチューブはゆたぼんと同じ小学生も見ますし、彼の動画がきっかけで「自分も学校に行かない!」などと

安易な考えを持つ人が増えてしまうのではないかとても心配です。

いじめを受けているなどの環境の場合は別ですが、宿題を拒否して怒られたことに不満を抱いたり、

周りがロボットのように見えて自分もそうなりたくないなどという身勝手な理由を親も受け入れてしまっているのを見ると、

この子の将来はどうなるんだろうと気にはなります。

ただ、自分の子供には絶対に見せたくないというのが正直な感想です。

ゆたぼんの姉(長女)の現在!中村幸也の心理カウンセラーは資格がいらない職業だった?

ゆたぼんの姉(長女)の現在!中村幸也の心理カウンセラーは資格がいらない職業だった?

2019年5月8日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。